平成14年度「地下水における硝酸・亜硝酸性窒素の汚染負荷削減対策調査」結果の概要
− 抜粋 −
環境生活部水質保全課
1.調査目的
「地下水の水質汚濁に係る環境基準」が平成11年2月に一部改正され、硝酸・亜硝酸性窒素が新たに環境基準項目に追加され、県内地下水における存在状況について調査を進めているが、硝酸・亜硝酸性窒素は、県内で広く検出され、基準超過の割合も高くなっている。このため、平成12年度から汚染負荷削減対策のための基礎資料を得る目的で現況調査等を実施している。
2.平成14年度の調査内容
(1)地下水質測定計画の概況調査で把握されていない地区で、主に水道未給水地区、環境基準超過地区周辺の未調査地区の汚染実態調査

(2)これまで県が実施した概況及び実態調査の結果整理。
3.調査結果の概要
(1)未調査地区の状況
ア 未調査地区として、74市町村の井戸、227本を調査した。その結果、環境基準を超過したのは、17市町村の22本、超過率は9.7%で、新たに4市町村で確認された。
 
イ 環境基準の超過が新たに富山町などの県南部にも認められた。

(2)県内の硝酸・亜硝酸性窒素の汚染状況(水質汚濁防止法政令市を除く)
ア 平成11年度から実施してし、る概況調査及び平成14年度実態調査結果について整理した。その結果、環境基準を超過しているは、37市町村、77本で、超過率は10.6%であった。また、井戸の使用用途別の超過率は一般飲用が一番高く、10.7%と高くなっており、次が生活用の10.1%であった。
 
イ 超過率の高い市町村は、飯岡町・銚子市・八街市・山武町・多古町の順であった。ただし、鯛町においては・超過率が80%と高かったが・調査井戸が5本と少なかった。
 
ウ 汚染が判明した井戸の200m周辺における汚染井戸周辺状況調査結果では、全体で超過率は47%と高く・特に海上町・銚子市・白井市等・北総地域で100%の超過率となっており、面的な広がりを示していた。
 
工 地域別状況(水質汚濁防止法の政令市を除く).

・従前は北総・東葛飾地域を中心に基準超過が認められたが・南総地士或に、汚染が確認され、硝酸・亜硝酸性窒素の汚染範囲は、県内に広く分布している。

・北総地域では、とりわけ銚子西部〜飯岡町東部〜海上町東部にかけて、環境基準超過地域が連続的に確認された。

・東葛飾地域では、鎌ヶ谷市西部及び野田市北部では連続して環境基準を超過したメッシュが確認された。

・九十九里平野南端の一宮川沿いでは、連続して環境基準を超過したメッシュが認められた。
 
オ 硝酸性・亜硝酸性窒素の汚染源として・畑地における過乗施肥・家畜排せつ物の不適正処理、生活排水の地下浸透など多岐にわたっていることから、環境基準超過率の高い10市町村における畜産及び農地との相対的な関係を見ると
・八街市、銚子市及び多古町においては畜産飼育数及び耕地面積(田・畑・果樹園のいずれか)
・飯岡町、海上町、関宿町、東庄町においては畜産飼育数
・鎌ヶ谷市においては果樹園の耕地面積
・山武町においては畑地の耕地面積
がそれぞれ県内10位内に含まれている。