水環境の回復には
みんなの力が必要です
水は命の基本
水は私たちが、生きて行くために欠かすことの出来ないものです。
また、より良い環境には、健全な水環境が必要です。
特に、自然の水循環とそれに果たす地下水の役割は、大きなものがあります。
水は、基本的に「降水→土壌水→地下水→地表水(河川・湖沼)→海洋→蒸発→降水」という循環系を形成しています。地下水は、降水と地表水を連結しおだやかに流動しており、水量の確保と水質の浄化に不可欠な役割をしています。
その地下水が近年、トリクロロエチレン等の化学物質や過剰施肥等による硝酸性窒素によって地下水汚染が進み、県下全体で大きな問題となっております。また、水道水源にクリプトスポリジウム等の病原性微生物や微量化学物質・内分泌攪乱物質等の混入の恐れもあり、水の問題は新たな課題に直面しております。

            生活飲料水(上水道・飲用地下水)の安全の確保。

            上水道・公共下水道の未普及地区の解消・給水区域の拡大。

            県下全域にわたる地下水汚染(硝酸性窒素)の解明と対策。

            河川・湖沼の水質改善ときれいだった千葉の海の回復。



 
公社等外郭団体の見直し、廃止の強化が必要
 
水基本法
 
余剰工業用水の上水道への転用について


上水道の未普及地区の解消が急務

信用保証協会ついての研究

硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素による地下水汚染について

救急医療センターについて

公営競技について

外形標準課税と課税自主権について

道路行政について