平成15年6月議会議案の概要説明

 平成15年6月議会が、18日より開会されました。
開会前より取り沙汰をされている一般県職員の給与カットについては、初日の18日には提案されず、当初の3%から2%に削減率が変わったとの報告もあり、不透明な感を拭えません。
県政始まって以来の一般職員の減給という事態は、最後最後の手法であろうと思っています。おおよそ61,400人の県職員の多くは、教員と警察官です。今日までの県政の意志決定には遠く係わらなかった方々です。関係議案が提案されましたら報告いたします。
 また今議会では、来年4月に全国一斉に始まる法人事業税の外形標準課税化のための条例改正が行われます。以下、議案の主なものの概要を説明いたします。


平成15年6月定例県議会提出案件表
案件 件数
1.予算案 
2.条例案
  • 制定
  • 一部改正
  • 廃止
 

 
3.その他  7
  • 市町の境界変更
  • 契約の締結
  • 有料道路事央の実施に係る同意
  • 道路公社の定詠の一部変更
  • 専決処分の承認
 1
 3

 1
 1
 計 16
 報告  14

   繰越計算書

10
   専決処分の報告
   出資法人



平成15年度6月補正予算(案)の概要

 国の平成14年度補正予算に伴い、平成14年度2月補正予算において緊急地域雇用創出特別基金に26億85百万円を積み増ししました。
この基金を財源として、緊急に実施すべき雇用対策事業を千葉県緊急地域雇用創出特別基金運用本部を中心として取りまとめ、所用額を計上したものです。


【一般会計】

1 補正規模
   現計予算額 1兆6,587億26百万円
   6月補正額 11億84百万円
1兆6,599億10百万円
(前年度当初予算比0.2%増)


2 歳  入
   基金繰入金 11億84百万円


3 歳  出
(1)緊急雇用対策(一般事業) 11億5百万円
  @県執行事業  5億95百万円

  (主な事業〕
 ・新しい学校教育の推進(7事業)
   障害者出前講座モデル事業 3百万円
   県立博物館デジタルミュージアム構築事業 13百万円

 ・安全で安心なまちづくり(4事業)
   地域安全パトロール事業 2億65百万円
   少年に対する薬物乱用防止啓発活動事業 10百万円

 ・経済の活性化(3事業)
   産業立地促進強化事業 8百万円
   地域キャリアセンター設置事業 67百万円

 ・人と自然が共生できる社会づくり(13事業)
   巨樹・古木ふれあい環境調査整備事業 24百万円
   スギカミキリ被害対策事業 5百万円

  A緊急地域雇用創出特別基金事業補助金(一般事業分)市町村分
5億10百万円

(2)緊急雇用対策(中小企業特別委託事業)
79百万円
緊急地域雇用創出特別基金事業補助金(中小企業特別委託事業分)市町村分


議案第3号 千葉県県税条例の一部を改正する条例の制定について

地方税法等の一部改正(平成15年3月31日公布)に伴い、規定の新設及び一部改正を行うもの
《概要》
1.県民税

(1)配当割の創設
   ア.課税対象:上場株式等の配当、公募証券投資信託の配当等
   イ.納税義務者:上記配当の支払いを受ける個人
   ウ.税率:5%(平成16年1月1日から20年3月31日までま3%〕
   エ.徴収方法:配当支払者による特別徴収

(2)株式等譲渡所得割の創設
   ア.課税対象:特定口座における上場株式等の譲渡所得
   イ.納税義務者:譲渡対価の支払いを受ける個人
   ウ.税率:5%(平成16年1月1日から19年12月31日までは3%)
   エ.徴収方法:証券業者等による特別徴収

2.法人事業税

税制改正による外形標準課税の導入
(1)内容:資本の金額又は出資金額が1億円超の法人に対し、付加価値割額、資本割額、所得割額の合算額を課する

(2)税額の算定方法
ア.付加価値割額:「付加価値額」×0.48%
   「付加価値額」=収益配分額±単年度損益
   「収益配分額」=報酬給与額+純支払利子+純支払賃借料

イ.資本割額:「資本等の金額」×0.2%
  「資本等の金額」=資本金額又は出資金額十資本積立金額

ウ.所得割額:
区分  税率
所得のうち年400万円以下の金額 3.8%
所得のうち年400万円超800万円以下の金額 5.5%
所得のうち年800万円を超える金額及び清算所得 7.2%

3.自動車税

(1〕15年度中に新車新規登録した環境負荷の小さい自動車について、16年度に税率を50%軽課
(2)15年度中に新車登録から11年超のディーゼル車及び13年超のガソリン車について16年度以降の税率を1O%重課

4.その他所要の規定の整備等


議案第8号 旅館業法施行条例及び公衆浴場法施行条例の一部を改正する条例の制定について

レジオネラ症発生防止対策に関し、なお一層の衛生管理の徹底を図るため、国からの技術的助言を基に、衛生に必要な措置及び構造設備の基準を新たに規定するもの

《改正内容》
レジオネラ症発生防止対策に関する以下の規定を条例に追加
1.衛生に必要な措置
(1)シャワー、うたせ湯には清潔な水及び湯を使用
(2)循環ろ過器及び配管の清掃方法及び清掃頻度の規定
(3)浴場・浴室の施設管理記録等の作成及び保存
(4〕浴槽水の水質検査の実施と記録の保存等

2.構造設備基準
(1)循環ろ過器を設置した浴槽には気泡等発生装置を設置しないこと(ただし毎日換水する場合はこの限りでない)
(2)気泡等発生装置の吸気口は土ぼこりが入らない構造とすること
(3)循環ろ過器を設置した浴槽水の消毒装置は、ろ過器に流入する直前に設置すること等


議案第11号 契約の締結について
1.契約事項主要地方道美浦栄線(仮称)第二栄橋建設工事委託

2.契約の相手方
   茨城県水戸市笠原町978番6
   茨城県
   茨城県知事  橋本 昌

3.契約金額   8億円


議案第12号 契約の締結にづいて

1.契約事項一般国道14号海神跨線橋等架換工事委託

2.契約の相手方
   東京都渋谷区代々木2丁目2番6号
   東日本旅客鉄道株式会社
   東京工事事務所長 吉田 幸一

3.契約金額 7億8,100万円


議案第13号 契約の締結について

1.契約事項一般国道126号山武東総道路建設工事委託

2.契約の相手方
千葉市中央区中央4丁目13番28号
千葉県道路公社
理事長 小林 喜一

3.契約金額29億円


議案第14号 銚子連絡道路有料道路事業の実施について

銚子連絡道路有料道路事業を実施することについて、千葉県道路公社から知事(道路管理青)あて同意の申請があったので、同意するにあたり、道路整備特別措置法第7条の18第2項の規定により議会の議決に付すもの

《計画の概要》
  • 路線名    一般国道126号
  • 区問      匝瑳郡光町芝崎から山武郡松尾町谷津まで延長5.9km
  • 事業期間   平成15年度から平成17年度


議案第16号 専決処分の承認を求めることについて

平成15年度一般会計予算の補正について急施を要するものと認め、平成15年5月30日専決処分をしたので、議会の承認を求めるもの

《補正内容》
歳  入 (単位:千円)
区分 当初予算額 補正額 補正後
諸収入 26,707,526 8,234,000 34,941,526
その他 1,623,784,001 - 1,623,784,001
歳入合計 1,650,491,527 8,234,000 1,658,725,527

歳   出 (単位:千円)
区分 当初予算額 補正額 補正後
繰上充用金 - 8,234,000 8,234,000
その他 1,650,491,527 - 1,650,491,527
歳出合計 1,650,491,527 8,234,000 1,658,725,527